最新記事一覧

海外とも提携している

実験

情報を失わずにすむ

ROHS10物質が入っている製品は、基本的にEUへの輸出が制限されています。また、ROHS10物質が入っていない製品は環境に優しい事で知られています。ですので、日本も各企業が独自にこれらが入らないような製品作りのルールを設けています。そんなROHS10物質ですが、原材料や完成品に入っていないかどうかを調べるには分析業者に依頼をする必要があります。あらゆる業者の中で今話題を集めているのが、分析結果をパソコンやタブレットで一括管理できるサービスです。インターネットを使用しており、全ての結果をすぐに見る事ができるのでとても便利です。一括管理する事で分析結果を無くす心配が無くなります。分析結果はその企業のとって重要な情報です。その情報を無くす心配をしなくてすむ事は企業や従業員にとって大きなメリットです。ROHS10物質の分析をする時にどのくらい費用がかかるか知りたいという時でもインターネットを通す事で簡単に見積ができます。また、クラウド型のサービスでは過去の結果をデータとして残せます。ですので、再度同じ分析をしたい場合は履歴から簡単に注文可能です。面倒な手間は一切必要ありません。クラウド型のサービスを行っている分析業者ですが、海外でも最大級の検査機関と提携しています。ですので、正確で確実な結果を得られるのが嬉しいです。レポートを日本語で見たい場合はもちろん翻訳する事ができます。ROHS10物質の分析以外にもあらゆる分析が可能なので、非常に便利です。

Copyright© 2018 多くの製造業を悩ませているROHS10物質を把握 All Rights Reserved.