最新記事一覧

規制を乗り越えるには

女性

製品価値を高める方法

自社の製品がROHS10物質を満たしているかどうか知ることは欠かせません。これからはROHSを満たしているかどうかが強制的にチェックされることもあり、まだ対応していないのであれば早めの対策をしておきたいところです。このROHS10物質に当てはまる物質としてはカドミウムや六価クロムなどがありますが、どのくらい使用してよいかどうかはROHS10物質で厳格に規制されています。もしも規制量以上にROHS分析10物質を使用している際には代替品の使用が求められてきますから、代替品を取り入れるのも時間がかかることです。ROHS規制が更に強化されてから対応をしているようでは他社に先を越されることもあります。とはいえ、ROHS10物質には例外もあることは知っておきましょう。例えば、医療器具などの製品を製造している場合です。この場合に代替品の使用では性能を維持することが難しい場合には一定の範囲内でROHS10物質で規制されている物質を規制量以上に使用しても問題ありません。しかし、この例外許可を受けるためにも役所に申請して認められる必要性があります。許可を受けるまでは製造ラインもストップしないといけないことがありますから、この場合でも早めの対応が大事でしょう。もしもROHS10物質の対応に困ったらROHS10物質に詳しい検査会社に話をしてみるのも一つの手です。こうした検査会社ではいろいろな選択肢を提供してくれますから社内にROHS10物質に詳しい人がいない場合でも役立ちます。

Copyright© 2018 多くの製造業を悩ませているROHS10物質を把握 All Rights Reserved.